ひざサポートコラーゲンで変形性膝関節症の予防を

変形性膝関節症という病気はご存知ですか。

女性に多いと言われ、50歳を過ぎると発症者が増えると言われています。

この病気の症状と、ひどくなるとどうなるのか、対処法などについてまとめました。

【変形性膝関節症とは】

膝関節には軟骨があって、それが骨を保護するためのクッション代わりになっています。

しかし年齢を重ねてくると、その軟骨がすり減ってしまい、骨同士がぶつかってしまいます。

そのため膝関節が炎症を起こし、変形してしまう病気です。

一度発症してしまうと完治はしないと言われています。

【症状が進むとどうなる】

最初は膝関節に違和感を覚える程度なのですが、症状が進むと痛みが激しくなり日常生活もままならない状態になります。

膝関節の変形も進み、歩行も困難になってしまいます。

【予防のためにサプリメントを】

変形性膝関節症がひどくなってしまうと歩けなくなってしまいます。

こうならないように、膝関節に自覚症状がないうちから軟骨成分を補う効果があるサプリメントを摂るようにすると良いでしょう。

おすすめなのはひざサポートコラーゲンです。

※粉末・錠剤とタイプは色々…http://rakuraku-hizalife.net/

なかでも粉末タイプは飲み物、食べ物に混ぜて使え、飲みやすいと評判です。

ひざサポートコラーゲンには、コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸が含まれていて、減ってきた軟骨成分を補います。

痛みが出てからではなかなか良い効果が期待できませんので、痛みが出る前から始め、いつまでも自分の足で元気に歩けるようにしたいですね。